mslab 干支の料理
rat
bull tiger rabbit dragon snake horse sheep monkey rooster dog boar
                     
2002
   

タルタルステーキ
tartar steak

タルタルステーキ

正月恒例『mslabの干支の料理』!2002年午年は、タルタルステーキに挑戦です。
八世紀に現れた蒙古系部族・韃靼人(ダッタン人=タタール人)がヨーロッパに伝えたとされる料理で、生の馬肉を細かく叩き、玉葱などのみじん切りを加えただけの簡単な料理ですが、これが美味い!

生肉を食べる習慣の無いヨーロッパにしっかりと定着し、今日でもタルタルステーキは、パリのブラッセリーで普通にメニューに載っています。

一方、ドイツでは、ハンバーグのルーツはタルタルステーキだという説が有力で、これまた驚異の韃靼人パワー!
『韃靼人』は、後に蒙古民族の総称として用いられるようになり、さらに文学的には(!?)モンゴロイド全体を指す呼称とされることもあります。いずれにしても、我らモンゴロイドの代表選手というワケです。
グローバリズム一点張りの昨今に、タルタルステーキこそがモンゴロイドの誇りを呼び覚ます!なんて考えると、包丁を持つ手にも力が入ります。

さて、タルタルステーキを作るにあたり…
馬肉は信州からでは面白くないな〜と思いながらネットサーフィンしていたら、なんとモンゴルの馬肉を販売しているサイト(http://www.wakamaru.com/c_1_1.htm)を発見!無農薬の乾草によって肥育されたオーガニック馬なんですね。コレが!韃靼人のタルタルステーキのために、これ以上の馬肉は無いでしょう!かくして我が家の台所にモンゴルの風が吹く!というワケです。

レシピ:
解凍した馬肉をとにかく細かく切り刻みます。目安としては、粗めの挽肉って感じです。そこに玉葱、ニンニク、ケーパー、キュウリのピクルスのみじん切りを加え、オリーブオイルと塩胡椒で味を整えながら混ぜ合わせれば完成です。
生卵の黄身を載せてユッケ風にするレシピもありますが、遊牧民に生卵は無いだろうと云うことで、今回は卵無しで作ってみました。

top home